topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケこけパーク開園。 - 2012.07.29 Sun

「ポケットこけしパークへようこそ2nd」開園!

初日の28日に、岩手廻りで出掛けました。
青森だったら少しは涼しいだろうと期待したのですが、
この日は全国的に30度超えていたようで、
黒石も例に漏れず暑かったです。

事前に了解戴いて、会場の様子など撮らせてもらいましたので、
要所を紹介いたします。



①お馴染みの津軽こけし館正面です。
 何年か前から、あの巨大なこけしモニュメントが無くなってしまい、少し寂しく感じます。


②中に入ると、バルーンアートが華やかにパーク入場口を飾っています。
 

③開園一時間後のパーク内の様子です。
 朝から某工人作品など目当てに並んだという十数名のマニアの姿はとうに無く、
 これからがパーク本番、といった雰囲気でした。外人さんの姿もちらほら。



④楽しくお気に入りのこけしを選べるように、それぞれ展示にも工夫が凝らされています。


⑤こちらは館の売店脇に設置された「こけしのハローわーく」の展示販売品です。
 津軽系のこけしさんたちが再就職を希望しています(ちょいと賃金高め?)


⑥開園当日のこけし館の実演工人は山谷レイさん。
 写真をお願いしたら、ニッコリとポーズを取ってくれました。


⑦伝承工芸館にも足を伸ばしたら、せんべい屋さんの前で「看板娘」が座って笑っていました。
 「せんべぇどんだべが?」とか言われそうなので、目を合わせないようにしました。



 写真はまだ撮っているのですが、何だか本質から逸れそうなのでこの辺にしておきましょう。

 津軽こけし館では、若い方々が中心となってこれまでに無かったような企画で「こけし」を
発信し続けています。近年発刊される視点の違ったこけし書籍などもそうですが、ひとつのこ
けしニューウエーブと言って良いでしょう。それは、収集家より工人の方が敏感に感じている
ことかも知れません。ブーム再来とか言った軽薄なものものではないようです。

 以上、今回の訪問で感じたことでした。(管理人)



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://akitakokeshikai.blog.fc2.com/tb.php/11-1102e3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訃報。 «  | BLOG TOP |  » 竿燈例会のお知らせ。

プロフィール

秋田こけし会

Author:秋田こけし会

わいわい、がやがやがモットーの、
こけしを愛する者の集いです。

ブログにご来訪戴きましたら
ぽちっと一拍手戴ければ
幸いです。






.

FC2カウンター

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。